« 2005年2月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年5月

2005年5月20日 (金)

日本の新時代へ向けて、今ある憲法を正しく知るためにお勧めの一冊  『憲法読本』

 本書は、1981年9月に初版が出されて以来、憲法の入門書として、中高生や多くの大人の間で読み継がれて来た『憲法読本』の第三版です。
本書では、世界史における立憲政治の歩みに始まり、日本における立憲政治の始まり、明治憲法のしくみや運用、日本国憲法の制定、しくみや運用が筋道を立てて、分かりやすく語られています。

 本書の特徴として、単なる憲法のしくみや運用の説明にとどまらず、国民生活における意義が随所に語られていますので、身近な視点から憲法を感じることができます。
「国民が平和主義、基本的人権の尊重、国民主権の憲法の歴史的意味を理解したうえで身につけること、それこそが日本の市民革命です。そして、国民が憲法の完全実施を求めるとき、はじめて、日本の新時代が始まることになるはずです。」と本書末尾の著者の提言を真摯に受け止めました。
 平和主義、基本的人権の尊重、国民主権は、人間の歴史の中で、多くの血が流されて勝ち得たものですが、わが国では、戦後の短い期間、外圧的な力によって半ば強制的に与えられました。自ら勝ち得たものではないだけに、その恩恵にあずかりながらも、その有り難さを十分に感じているとは思えません。
解釈憲法の政治のなすがままに、平和主義が形骸化し、不況による財政破綻で「人間らしい生活の保障」が危うくなっている現実があります。また、改憲が声高に叫ばれる今、国の最高法規である憲法が激動の時期を迎えています。
 国の政治の直接の責任者である政治家や公務員だけでなく、主権者である私たち国民の一人一人が憲法の原理や原則、そして、その意義を理解すべき時が差し迫っているのではないでしょうか。今ある憲法を正しく知るためにお勧めの一冊です。

 (ほのぼの文庫の管理人まざあぐうすが2005年5月20日bk1に投稿した書評です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年10月 »