« 2005年12月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年4月

2007年4月19日 (木)

図書館のイメージを一掃する絵本  『としょかんライオン』(岩崎書店)

 「図書館って、どんな場所?」と子どもたちに尋ねたら何と答えるでしょうか。
 本がいっぱいあるところ、本を読んだり、借りたりするところ、そして、何よりも静かにしないといけないところという答えが返ってくるのではないでしょうか。幼い子どもたちの視点に立つと、図書館は書棚が林立する中で、静かにしなくてはならない窮屈な場所のように思えるかもしれません。
 そんな図書館のイメージを一掃する絵本が、『としょかんライオン』です。もし、図書館にライオンがやって来たら・・・と想像の翼をはためかせてみましょう。
 怖いかしら、それとも、楽しいかしら。この絵本の図書館長のメリーウェザーさんは、心の広い温かい人です。突然訪れたライオンをごく自然に受け入れてくれました。行儀が良く、心優しいライオンでした。やがて彼女のもとでいろいろなお手伝いをするようになり、図書館に来ている大人や子どもたちと仲良しになりました。そして、ある日、大変なことが・・・。

 そんな図書館があったら行ってみたいと思いませんか。
 図書館という場所を通して、ライオンと大人たちや子どもたちとの心の交流を描いたファンタジー絵本、決まりを守ることも大切だけど、時には、それよりももっと大切なことがあるということを教えてくれる絵本です。
 ケイト・グリーナウェイ賞受賞画家の描くふさふさした大きくてあたたかそうなライオンの絵が魅力的です。あたたかい絵の中に図書館の魅力が満ちています。

 図書館を楽しい場にしてゆくのも、利用者である私たちの意識次第です。『としょかんライオン』を読んで、子どもたちと町の図書館に出かけてみましょう。子どもたちはきっと町の図書館を違った目で見つめるようになるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

字を習いはじめる子どもたちにイチ押しのてがみ絵本  『にゃんのてがみ わんのてがみ』

 てがみと言えば・・・字を習いはじめる子ども達に一押しの絵本があります。

にゃんのてがみわんのてがみ にゃんのてがみわんのてがみ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 はじめてのおつかい、はじめてのがっこう・・・子どもたちにとっての「はじめて」はどんなこともワクワクドキドキするものです。
 この絵本の主人公のじろうちゃんは、お母さんに字を習っているところです。そこへやってきたネコのにゃん、そして、犬小屋からとび出してきたイヌのわん・・・、じろうちゃんの「はじめての字の練習」はどうもうまくいきそうにありません。
 じろうちゃんは、とうとうお昼寝をしてしまいました。そこで、お母さんから2通の手紙が届けられます。手紙の字を通して、にゃんとわんの気持ちを知ったじろうちゃんの心はワクワクドキドキしたのでしょう。じろうちゃんは、いっぱいいっぱい字の練習をします。そして、「はじめての手紙」をにゃんとわんに書きました。
 にゃんとわんに手紙を渡す時のじろうちゃんの笑顔が満足感に満ちています。そして、きょとんとした表情のにゃんとわん。絵本の最後のページを開くと、改めて感じるのがお母さんの愛情です。
 いもとようこさんの独自のはり絵の手法と淡い色彩には母性愛が満ちています。お母さんの愛情に包まれて、字の練習をするじろうちゃんの姿がほのぼのと描かれている絵本です。
 また、にゃんとわんのてがみにはユーモアがあふれています。人が字を覚えるのは、誰かに自分の思いを伝えたいから。そんな原点に立ち戻って、字を覚える楽しみを教えてくれる絵本ではないでしょうか。
 早期教育の工夫されたノウハウの中で文字を覚えるよりも、子どもたちにとっては、母親の愛に見守られながらワクワクドキドキする気持ちの中で文字を覚えることの方がどんなに大切なことであるかを考えさせられました。
 字を習いはじめる子どもたちに、そして、子どもたちに字を教える大人たちにイチ押しの絵本としてお薦めします。

(上記は、ほのぼの文庫のまざあぐうすが、2007/04/17bk1に投稿したレビューです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2007年12月 »