« 大人も子どもも楽しめる宇宙冒険物語 ホーキング博士の宇宙への秘密の鍵とは? | トップページ | 動物の命、人間の命・・・命の大切さを問い、人間と動物の共存を問う美しく切ない絵本 »

2008年3月13日 (木)

(新藤悦子著)『青いチューリップ』の続編です。 幻の青いチューリップを巡る冒険物語~16世紀のトルコを舞台として繰り広げられる深遠な物語  『青いチューリップ、永遠に』

青いチューリップ、永遠に (文学の扉) Book 青いチューリップ、永遠に (文学の扉)

著者:新藤 悦子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「ラーレ、ラーレ、青いラーレ 大地が血で染まろうと、天空に咲くは青いラーレ」と歌われるラーレとは、チューリップの花のこと。クルディスタンの山の中腹に咲く青いチューリップは、クルディスタンに春を告げる花だ。原産地のトルコではラーレは赤い花だった。
 羊飼いの少年ネフィは「青い」という言葉に力を込めて歌う。時は16世紀、スルタン・スレイマン一世のオスマン・トルコが全盛の時代、青いラーレは、都では、幻の花だった。

 羊飼いの少年ネフィがクルディスタンの山から持ってきた青いチューリップの球根から7年もの月日を費やして咲かせた幻の青いチューリップ。咲かせたのは神学校の教授で有名なチューリップ栽培家のアーデム教授だ。ネフィも教授のもとに留まり品種改良に協力している。

 宮廷の絵師頭シャー・クルーが「ペルシアの空の青だ」とうなる美しさ、目の覚めるような青、本物の青の中の青。妖しいほど美しい青であったが、「こんな花、咲かせてはいけない。よからぬことが、かならず起こります。」と言い、教授の妻アイラが一瞬のうちに引きちぎってしまった。アイラの言葉の通り、アーデム教授は都から追放され、アイラは亡き人となり、良からぬことが次々に起こり始め、ネフィと教授の娘ラーレの青いチューリップを巡る冒険物語が始まる。

 本書は『青いチューリップ』の続編として、前作から3年ぶりに刊行された。

 時が流れ、東の辺境の地から戻ったネフィとラーレは、ラーレの祖父であるシャー・クルーの家で生活することになった。ラーレは、女絵師になることを、ネフィは、薬草帳を作ることを夢見ている。シャー・クルーのもとで絵師としての修業を積んでいるラーレが描いたペリ(ペルシャに伝わる善き妖精)の絵が、スルタンの妃フッレムの目に留まり、ラーレはハーレムに女絵師として招かれることに・・・。また、ネフィはアーデム教授から託された薬草らくだとげの秘密を解くために、弓作り部族を訪ねる旅に出ることに・・・。そして、再び、幻の青いチューリップの花が、人々をまどわせはじめる。

 前作の登場人物乞食のジェムは、都中の乞食集団のボスとなり、流れ者のバロは、あるときは通訳、あるときは講談師として旅を続ける。シャー・クルーの一番弟子のメフメットはモスクの壁の文様を極め、アーデム教授の屋敷の手伝いセマはシャー・クルーの屋敷の手伝いとして、再び物語に登場する。そして、続編で新たに登場する宮廷医師で、スペインから来たユダヤ教徒のモシェやハーレムの女奴隷ビュルビュル・・・一人一人が時代の制約や禁忌の中を精一杯生きている。

 前作同様、登場人物の一人一人が生き生きと描かれ、ハーレムの様子やスペインから来たユダヤ人の街バラッドの様子など、細やかな描写の中に、16世紀のトルコの生活が見事に甦っている。物語の中で、流れ者のバロが語る「青いラーレの物語」が面白く、作者の語りとの相乗効果でオスマン・トルコの時代にタイムスリップしたかのように物語を読み進むことができる。作者のイスラム世界に対する深い時代考証も見逃せないが、自らトルコのカッパドキア地方に留まり、現地の女性と絨毯を織ったり、中近東を旅し、中央アジアの遊牧民とともに生活をした作者ならではの語りではないだろうか。
 
 フッレム妃が青いチューリップに祈って引き起こそうとしている「よからぬこと」を止めることは出来るのか。
 らくだとげの秘密は解けるのか。
 年頃となったラーレにメフメットとの結婚話が上がっている。二人のその後とラーレを巡るネフィとメフメットとの恋の物語からも目が離せない。

 登場人物たちのその後は・・・・。
 青いチューリップのその後は・・・。
 読み終えた後、すぐにでも続編が読みたいと思った。前作『青いチューリップ』は、2005年度に第38回日本児童文学者協会新人賞受賞している。次なる「青いチューリップ」の物語のシリーズとしての続編を期待してやまない。(以上、ほのぼの文庫まざあぐうすがbk1に2008年3月13日に投稿したレビューです。)

|

« 大人も子どもも楽しめる宇宙冒険物語 ホーキング博士の宇宙への秘密の鍵とは? | トップページ | 動物の命、人間の命・・・命の大切さを問い、人間と動物の共存を問う美しく切ない絵本 »

004 新藤悦子」カテゴリの記事

<児童文学作品>」カテゴリの記事

コメント

まざあぐうすさん、お久しぶりです。
青いチューリップを読んだ時のことを思い出しています。
最近読書の時間がとれなくて、一冊読むのに何日もかかっています。週に一日しか休みがないので図書館はここ3年行っていません。もっぱら買って積読になっています。情報だけは入れていきたいので、こちらにおじゃましますね。またよろしくお願いします。

投稿: Yan | 2009年2月28日 (土) 17時15分

Yanさんsign03 本当にお久しぶりです。長い間のご無沙汰をお詫び致します。

 Yanさんもご多忙な毎日をお過ごしですね。
 私もしばらくフルタイムの仕事に就いていまして、読書は仕事関係の本のみ、ブログにもパソコンにもアクセスする余裕がありませんでした。今、しばらく自宅で過ごしています。

 読書ができるって幸せなことだなぁと思い、今しばらく読書を楽しもうと思っています。ブログは一瞬にして削除できますが、記事を再入力するのには大変な時間を要しました。やはり細々とでも大切に続けていかなくてはならないと思いました。

 細々ですが、どうぞこれからもよろしくお願い致します。

投稿: まざあぐうす | 2009年2月28日 (土) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/27682729

この記事へのトラックバック一覧です: (新藤悦子著)『青いチューリップ』の続編です。 幻の青いチューリップを巡る冒険物語~16世紀のトルコを舞台として繰り広げられる深遠な物語  『青いチューリップ、永遠に』:

« 大人も子どもも楽しめる宇宙冒険物語 ホーキング博士の宇宙への秘密の鍵とは? | トップページ | 動物の命、人間の命・・・命の大切さを問い、人間と動物の共存を問う美しく切ない絵本 »