« 思い出の絵本 No.3 『はじめてのおつかい』 | トップページ | 思い出の絵本 No.5 『ほうまんの池のかっぱ』 »

2009年1月27日 (火)

思い出の絵本 No.4 『ぐりとぐらのおきゃくさま』

  のねずみのぐりとぐらが、雪合戦をしていて、大きな足跡を見つけました。二匹は、その大きな足跡を辿ってゆきます。足跡の行きつく先は、ぐりとぐらのお家でした。
 それからが、楽しみです。中にいたのは、誰でしょう。そして、どんな出来事が待ち受けているのでしょう。とっても美味しいお話です。

  わが家の子ども達が幼い頃、何度も読み聞かせをした絵本です。子ども達は、ぐりとぐらと一緒に大きな足跡を指でなぞっていました。足跡を見つめていると、子ども達の小さな指先がふっと浮かんできます。 
  子ども達は、それが分かっていながら、読み聞かせのたびに、まるで初めて出会うような表情で、同じ場面を見つめていました。保育園が休みの日に、『ぐりとぐらのおきゃくさま』を読み聞かせすると必ずぐりとぐらがいただいた美味しいものを、「ママ、作って。一緒に作ろう」という弟。「ねえね(おねえちゃん)も一緒に作ろうよ」と知的なハンディを抱えている姉を誘って、エプロンを取りに行きます。
 3人で作った美味しいもの、小さなエプロンをして、台に乗ってお手伝いをする幼い姉と弟のほほえましい思い出です。『ぐりとぐらのおきゃくさま』を信じることができた子ども達の幼い日の思い出は、母親の私にとっても大切な宝物です。

 『ぐりとぐらのおきゃくさま』に出会える子ども達は、幸せだと思います。雪景色が美しく、森の動物達が愉快な絵本、ご家族でクリスマスの夜にいかがでしょうか。

|

« 思い出の絵本 No.3 『はじめてのおつかい』 | トップページ | 思い出の絵本 No.5 『ほうまんの池のかっぱ』 »

<クリスマスの絵本・童話>」カテゴリの記事

<思い出の絵本>」カテゴリの記事

<絵本>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/27506186

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の絵本 No.4 『ぐりとぐらのおきゃくさま』:

« 思い出の絵本 No.3 『はじめてのおつかい』 | トップページ | 思い出の絵本 No.5 『ほうまんの池のかっぱ』 »