« 『地球交響曲』への理解を深めるために、お勧めのエッセイ集  『地球をつつむ風のように』 | トップページ | ホロコーストを若い世代に伝える秀逸の物語  『ジャック・デロシュの日記』 »

2009年1月30日 (金)

壮大なアラスカの自然や動物、植物たちを写した写真の合間に、心の奥底まで響くような言葉がちりばめられているエッセイ集ーこれからの世界を担う青年たちにお勧めの一冊 『ぼくの出会ったアラスカ 』

星野道夫さんが撮影した写真と、1985年〜1997年に発表したエッセイにより構成された文庫本。星野さんのアラスカとの出会いを中心に構成されている。
 
 「物質的な富を求め、テレビに浸り、本当の世界に触れようとしない多くの人々を理解できなかったという」若い女性のウイロー。
 「風のようにひょうひょうとして、まったく陽気な男なのに、彼の美しい視線はいつも相手の心の奥底を優しく見透かしていた。その美しさはある深い闇を超えてきたまなざしでもある。」ベトナムの帰還兵であるウィリー。
 星野さんの語るアラスカの若者を通して、自分がいかに薄っぺらい世界で生きているかを認識させられた。物質的な富こそ求めないし、テレビにも浸らないが、本当の世界に触れようとしない多くの人の一人である自分の姿が浮き彫りにされる。そして、深い闇を避けて生きている自分を思った。

 「木も 岩も 風さえも 魂をもって、じっと人間を見据えている」というインディアンの神話の一節が引用されている。
 今、生きている環境に居心地の悪さを感じるのは、木や岩のような魂をもって、じっと見据えてくれる存在が乏しいからではないだろうか。

 「行く先が何も見えぬ時代という荒海の中で、新しい舵を取るたくさんの人々が生まれているはずである。アラスカを旅し、そんな人々に会ってゆきたい。」と語る星野道夫さんの言葉に応え得る人々が日本に何人いるのであろうか。

 壮大なアラスカの自然や動物、植物たちを写した写真の合間に、心の奥底まで響くような言葉がちりばめられているエッセイ集、これからの世界を担う青年たちにお勧めの一冊。

|

« 『地球交響曲』への理解を深めるために、お勧めのエッセイ集  『地球をつつむ風のように』 | トップページ | ホロコーストを若い世代に伝える秀逸の物語  『ジャック・デロシュの日記』 »

<一般書>」カテゴリの記事

[命、死、魂]」カテゴリの記事

地球交響曲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壮大なアラスカの自然や動物、植物たちを写した写真の合間に、心の奥底まで響くような言葉がちりばめられているエッセイ集ーこれからの世界を担う青年たちにお勧めの一冊 『ぼくの出会ったアラスカ 』:

« 『地球交響曲』への理解を深めるために、お勧めのエッセイ集  『地球をつつむ風のように』 | トップページ | ホロコーストを若い世代に伝える秀逸の物語  『ジャック・デロシュの日記』 »