« キュートナって、誰?いろんな楽しみ方ができる一冊の絵本  『ぼくのキュートナ』 | トップページ | 荒井良二さんの刻むゆったりとした時間  『バスにのって』 »

2009年2月 2日 (月)

猫のハスカップの愉快で、不思議な、奥深い旅の物語  『モンテロッソのピンクの壁』

 ハスカップはうす茶色の猫。体の大きさは中ぐらい、性格は楽天的で、金茶色の目をしています。どこにでも居そうな猫ですが、それが違うのです。小さな洋館の年取ったご婦人に飼われていて、毎日ソファーの上でまるくなって眠っていました。恵まれている猫、そして、怠惰な猫と思われそうですが、それも違います。

 ハスカップには繰り返し見る夢がありました。夢に出てくるのは、それはそれはきれいなピンクの壁。それが、モンテロッソのピンクの壁。「あのピンクの壁のある場所こそ、私がどうしてもいかなきゃならない場所なんだわ。なぜだかわからないけれど。」そして、それが、ハスカップの旅のはじまり。ご婦人の足をひとなめして、港に向かって雄々しく歩き始めるハスカップ。「何かを手に入れるためには何かをあきらめなきゃいけないことくらい、私はよく知っている。」ハスカップは、賢い猫なのです。

 港を過ぎ、気球に乗って、丘を越え、川を渡って、森を抜けて・・・ハスカップのモンテロッソへの旅は続きます。気球研究家や庭師のおかみさん、辻音楽師や運転士に遭いました。屋根を歩き、野原で眠り、市場を横切って、とうとうモンテロッソに着きました。そして、夢の中のピンクの壁にたどり着きました。

 「モンテロッソのピンクの壁」はハスカップにとってどうしても行かなくちゃならない場所だったのです。夢の中のピンクの壁に向かうハスカップの愉快で、不思議な、奥深い旅の物語。読み終えた時、ハスカップの決意が並々ならぬものであったことに気が付くでしょう。

|

« キュートナって、誰?いろんな楽しみ方ができる一冊の絵本  『ぼくのキュートナ』 | トップページ | 荒井良二さんの刻むゆったりとした時間  『バスにのって』 »

010 江國香織」カテゴリの記事

015 荒井良二」カテゴリの記事

<絵本>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/27697422

この記事へのトラックバック一覧です: 猫のハスカップの愉快で、不思議な、奥深い旅の物語  『モンテロッソのピンクの壁』:

« キュートナって、誰?いろんな楽しみ方ができる一冊の絵本  『ぼくのキュートナ』 | トップページ | 荒井良二さんの刻むゆったりとした時間  『バスにのって』 »