« 戦争を語ることなく、湾岸戦争の悲惨さを浮き彫りにしたユニークな物語  『弟の戦争』 | トップページ | 障害を抱えた子どもと健常な子ども達が共に過ごし、共に育ち合う環境の大切さを教えてくれる絵本  『ぺカンの木のぼったよ』 »

2009年2月 1日 (日)

時間と死を超えた愛の物語  『ミリー 天使にであった女の子のお話』

 『ミリー —天使にであった女の子のお話—』は、1816年、ヴィルヘルム・グリムが母を亡くしたミリーという少女に宛てた手紙に添えられた物語です。ヴィルヘルムは兄のヤーコプと共にグリム童話の収集家として知られています。

 ヴィルヘルムの手紙は、小川を流れる花と夕ぐれの山を越えて飛んでゆく鳥をモチーフとした詩的で美しい文章で綴られています。ミリーの家族が所有していた物語が売却され、1983年に出版社の手に渡ったことから、すぐれた絵本作家モーリス・センダックとの出会いがありました。5年がかりで描かれたというセンダックの渾身の絵が添えられています。

 夫に死に別れた女性が、ある村のはずれに、たった一人残された娘と住んでいました。娘は気立てもよく可愛い子でした。お祈りを朝晩欠かさず、スミレやローズマリーを花壇で上手に育てる娘には、きっと守護天使がついているに違いないと母親は信じていました。
そんな二人に戦争が押し寄せてきます。母親は戦争から娘を守るために、森の奥に娘を逃がしてやりました。森の奥深くで聖ヨセフと出会い、娘の守護天使である金髪の美しい女の子と出会い、3日間を過ごし、母親のもとに戻ると、30年の年月が過ぎていました。
母親は30年の年月を経て、また、大戦争の恐ろしさと苦しさを経て、すっかり老いていますが、娘は、昔と同じ服を着て、昔と同じ姿のまま母親の前に立っています。再会を果たした二人は・・・。
 3日が30年という不思議な時間軸の中で、戦争という悪、信仰、母と子の愛、神の愛が語られています。ヴィルヘルムが生きた古いドイツは、当時ナポレオンの占領下に置かれたり、フランス軍の占領下に置かれたり、非常に不安定な時代でした。物語の中で、ミリーと守護天使の無垢な美しさと戦争の醜さがコントラストをなしています。

Photo この物語を通して、ユングの弟子であったマリー=ルイーゼ・フォン・フランツの「昔話は、普遍的無意識的な心的過程の、最も純粋で簡明な表現です。それは、元型を、その最も単純であからさまな、かつ簡潔な形で示しています。」という言葉を思いました。ミリーが過ごした深い森は、人間の普遍的無意識とも思えます。小川に流した花が、ずっと離れた場所で別の女の子が流した花と出会うように、また、夕ぐれの山を越えて飛ぶ鳥が最後の日の光の中で、もう一匹の鳥と出会うように、人間は普遍的無意識の中で、母の愛や神の愛の元型と出会えるのではないかと予感させられました。
 ヴィルヘルムの慈しみに満ちた手紙に始まる『ミリー』は、時間と死を超えた愛の物語と言えるかもしれません。モーリス・センダックの幻想的で美しい絵と神宮輝夫氏の美しい日本語が、絵本の芸術性を高めていることを感じます。

|

« 戦争を語ることなく、湾岸戦争の悲惨さを浮き彫りにしたユニークな物語  『弟の戦争』 | トップページ | 障害を抱えた子どもと健常な子ども達が共に過ごし、共に育ち合う環境の大切さを教えてくれる絵本  『ぺカンの木のぼったよ』 »

<グリム童話>」カテゴリの記事

<ファンタジー>」カテゴリの記事

<昔話、民話>」カテゴリの記事

<絵本>」カテゴリの記事

[命、死、魂]」カテゴリの記事

[宗教]」カテゴリの記事

[戦争と平和]」カテゴリの記事

ユング心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/27682061

この記事へのトラックバック一覧です: 時間と死を超えた愛の物語  『ミリー 天使にであった女の子のお話』:

« 戦争を語ることなく、湾岸戦争の悲惨さを浮き彫りにしたユニークな物語  『弟の戦争』 | トップページ | 障害を抱えた子どもと健常な子ども達が共に過ごし、共に育ち合う環境の大切さを教えてくれる絵本  『ぺカンの木のぼったよ』 »