« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月 1日 (金)

今年の抱負

 あけましておめでとうございます。

 今年の抱負は…

・自分の心の底からやりたいことをする。
・自分に与えられているものを全て必要なものとして受け止める。
・自分の幸せを実感する。

 です。

 そして、てんかんという病気を患い、知的な障害を抱えている娘と生きてきた日々を児童文学作品の中で表現してみたい!と思っています。

 ブックレビューは少なくなるかもしれませんが、今年も1年間、どうぞよろしくお願い致します。

 皆様にとって良いお年でありますよう、お祈り申し上げます。

                         2010年元旦

追伸 年初に<十二支の絵本>のレビューを再更新させていただきました。こちらです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『ね,うし,とら十二支のはなし―中国民話より』 機知に富んだ愉快な「十二支のおはなし」にエキゾチックな絵が添えられています。〜十二支を日本に伝えた国・中国の民話を通して、十二支の由来を楽しんでみませんか。

ね,うし,とら十二支のはなし―中国民話より Book ね,うし,とら十二支のはなし―中国民話より

著者:ドロシー・バン・ウォアコム
販売元:ほるぷ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 十干支は、1300年ほど前に中国から伝えられた暦の表し方ですが、現在の日本では、十二支だけが人々の生活の暦として残っています。中国では、十二支の順番は、どのようにして決まったのでしょうか。
 
 中国の皇帝陛下の前に、半分人間で半分神様のシュン・ユーと呼ばれる男が座っています。その片側に一匹のねずみがひざまずき、反対側に一匹の牛が立っていました。
 シュン・ユーは、新しい十二支のために十二種類の動物を選んだものの、第一番目となる動物を決めかねて、動物たちに意見を聞くことにしました。そのことを気難しい皇帝陛下に頭が膝につくほど深々とお辞儀をしながら説明しています。
 その場であわてて進み出た牛は、自分の大きさと力の強さを主張して深々とお辞儀をしました。ねずみも負けてはいません。皇帝陛下の前で、自分の頭の良さを主張します。
 皇帝陛下は、「ほかのどうぶつたちは、こよみの中のじぶんの順番にまんぞくしておるのか?」と尋ね、シュン・ユーとうしとねずみが頷くと、それでは他の動物に決めさせるのがよかろうと言いました。

 シュン・ユーは、皇帝陛下の仰せの通り、宮殿の庭にいる犬から、門にいるにわとり、湖の橋にいたいのしし、森の中のとら、さる、へび、草原にいる羊、馬、ねずみ…突然現れたりゅうに、次々と尋ねました。半分人間、半分神様のシュン・ユーですら、突然現れたりゅうに驚き、恐れています。中国では、りゅうが特別な存在であることが感じられました。
 うしとねずみ以外の動物達は、十二支に加えてもらっただけで満足していると答えつつ、うしかねずみかを問われるとそれぞれの意見を述べ、うしとねずみを選んだ数が同じでした。
 
 報告をするシュン・ユーと皇帝陛下の前で、再びうしとねずみが互いに自己主張をし始めます。うしとねずみの知恵比べです。さて、どのようにして、ねずみが、うしに勝ったのでしょうか。それは、この絵本を読んでからのお楽しみです。
 中国の民話にもとづいた「十二支のはなし」は、機知に富んだ愉快なお話です。エロール・ル・カインの絵もエキゾチックで、魅力的です。十二支を日本に伝えた国・中国の民話を通して、十二支の由来を楽しんでみませんか。

(上記は、ほのぼの文庫管理人まざあぐうすが2005/02/03 bk1に寄稿したレビューです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »