« 絵本の読み聞かせのための基礎講座(主催 目黒区八雲図書館) | トップページ | アンネ・フランクの誕生日 »

2010年5月13日 (木)

桜美林アカデミー 児童文学創作入門講座

 5月11日(火)から桜美林アカデミー 児童文学創作入門講座が始まりました。講師は、児童文学作家の日野多香子先生。去年の同じ時期の講座から参加しています。昨年は、創作歴10年以上の方々が参加されていましたが、今回は、3月に『はこちゃんのおひなさま』を出版された丸田かね子さん以外の方は、児童文学の創作に関しては私と同じく初心者でした。

 今期は、娘と過ごした25年間の手記をまとめることを目的として参加しています。児童文学の作品を書く前に、一度、自分の中で記録として残しておきたい内容です。ちょうど来年、主人の母と私の母が喜寿を迎え、息子が成人式を迎えますので、その記念に。

 時間がかかるかもしれませんが、トライしてみたいと思っています。

時計坂の家 Book 時計坂の家

著者:高楼 方子
販売元:リブリオ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 講座を始めるにあたって、ナルニア国物語を再読したり、高楼 方子さんの『時計坂の家』など児童書を読んでいます。その合間に村上春樹さんの『1Q84』を読みました。やっぱり村上春樹さんはいいですね

|

« 絵本の読み聞かせのための基礎講座(主催 目黒区八雲図書館) | トップページ | アンネ・フランクの誕生日 »

児童文学創作入門講座」カテゴリの記事

022 日野多香子先生」カテゴリの記事

コメント

まざあぐうすさん とても充実した日々をお過ごしで
拝見させていただくだけで とても励みになります。

>児童文学の作品を書く前に、一度、自分の中で記録として残しておきたい内容です。

本当に素晴らしいことだと思います。
自分のためでもありますが
人の力になれる作品になることでしょう。

私も楽しみにしております。

投稿: のりえ | 2010年5月13日 (木) 23時12分

のりえさん

 最近は、外出が重なって、ちょっと疲れ気味ですが、確かに充実した日々を過ごしています。

>自分のためでもありますが
>人の力になれる作品になることでしょう。

 微力ですが、同じように障害を抱えたお子さんが生まれたご家族にとって、何がしかの希望となるような作品に仕上げることができれば…と願っています。

 コメントをいただき、励ましていただきました。ありがとうございます。

投稿: まざあぐうす | 2010年5月13日 (木) 23時18分

そんないい講座があったのですね!
私も若いころ?はこわいもの知らずでいいかげんでしたが・・・
経験を積んでいくと、やはり専門の方がきちんと準備された講義を聴くことがいかに自分を豊かにするかわかってきました。
私も、多文化共生について、週2回大学に聴講に行っています。
さすがに、週2回は体力的にちょっときついですが・・・でも、どちらもおもしろくて捨てがたいんですよ。

投稿: 管理人チョムプー | 2010年5月15日 (土) 22時10分

チョムプーさん

 コメントをいただきありがとうございます。
 チョムプーさんはお若い頃から専門的な学びを重ねていらして、今は、学ぶことと教えることの両方を兼ねていらっしゃるのではないでしょうか。趣味も豊富でいらっしゃるから、人生、楽しみが多いと思います。

 桜美林大学アカデミーの児童文学創作入門講座は日野先生がしっかりご指導くださるので、充実した時間を過ごさせていただいています。

 多文化共生・・・面白そうですね。
 週2回は確かに体力的に堪えそうです。

 ブログでのご報告もいつも楽しみにしています。

投稿: まざあぐうす | 2010年5月15日 (土) 22時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜美林アカデミー 児童文学創作入門講座:

« 絵本の読み聞かせのための基礎講座(主催 目黒区八雲図書館) | トップページ | アンネ・フランクの誕生日 »