« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月12日 (土)

アンネ・フランクの誕生日

 今日、6月12日はアンネ・フランクの誕生日。生きていれば81歳となります。

 わが家のベランダで大切に育てていたアンネのバラが冬の間に枯れてしまいました。咲き初めは濃いオレンジからピンク、淡いピンクへと色が変わる様子に少女から大人の女性へと成長していくアンネを思って、大切に育てていただけに、非常に残念です。

 先々週、通っている児童文学創作入門講座で戦争文学の作品を読み合いました。その一冊が早乙女勝元氏の『アウシュヴィッツのコルベ神父 優しさと強さと』(小学館)です。

 その中に、「アンネの涙の泉」という章がありました。収容所の過酷な労働と劣悪な環境や栄養失調のため、誰もが人間としての感情を失い、家畜のような存在になっていく中、アンネは、死ぬ間際まで、涙壺が枯れなかったというエピソードが語られていました。ハンガリーから送られてきたジプシーの少女達が一糸まとわぬ身体でふるえながらガス室へ送られていく姿を見ながら、骸骨のようにやせ細って立っているのもやっとと思われるアンネの目から涙が泉のようにあふれ出てきたというのです。

 コルベ神父 優しさと強さと コルベ神父 優しさと強さと
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

 知性と感情が豊かな少女アンネ…、おばあちゃんになっても世界平和のために有意義な活動をしていたのではないかと思うと、収容所での死が惜しまれてなりません。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »