« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

(山田由香・文/高野文子・絵)『動物園ものがたり』(くもん出版)

 『動物園ものがたり』の舞台は、高いビルがたちならぶ、大きな町の一角にあるこんもりとしたみどりの森の動物園です。そこにやって来た8歳の女の子のまぁちゃん、まぁちゃんのおとうさんとおかあさん、おじいさんとおばあさん、そして、カバの飼育係の井上くんと小林さん。登場人物全員が主人公という珍しいものがたりです。

 まぁちゃんは、自分からまい子になってしまいました。おとうさんとおかあさんが、けんかばかりしていることをとても悲しんでいます。おとうさんとおかあさんも、いい父親、母親になりたいのにけんかばかりして、お互いに悲しんでいます。
 手をつないだ、おじいさんとおばあさんは、出会ってから50年になる仲良し夫婦ですが、子どもがいないことを悲しんでいます。カバの飼育係の井上くんは、カバの母親のウメと娘のモモが離れ離れになることを悲しんで、先輩の飼育係の小林さんに相談しています。
 世界中のあらゆる所から動物園に連れて来られた動物達は、どうでしょうか? ゾウやキリン、ゴリラやライオンは、生まれ故郷であるアフリカのことを恋しく思っているのでしょうか? ペンギンやシロクマも北極や南極のことを思っているのでしょうか?
 一つの動物園で、みんながいろいろな気持ちを抱えながら、過ごしています。それぞれの喜びや悲しみが、動物園という舞台でパノラマ式に展開するものがたりの中で、まい子のまぁちゃんが、「ヒ・ポ・ポ・タ・マ・ス!」というカバの学術名をとなえると不思議なことが起こります。さて、ものがたりのさいごは、一体どうなるのでしょうか?

 テレビアニメ「サザエさん」や「おじゃる丸」など、人気アニメのシナリオをを手がけている山田由香さんの初めての単行本です。軽やかに、くきやかに、ものがたりの場面が展開するのはシナリオライターの為せる業でしょう。代表作「絶対安全剃刀」などで知られる漫画家・高野文子さんのイラストがふんだんに使われて、動物園の楽しい雰囲気を醸し出しています。
 動物園は、なぜ必要なのでしょうか?そして、動物園に行くと、どうしてこんなにも楽しいのでしょうか?その答えのキーワードは、家族愛、動物愛、そして、地球への愛。
 登場人物のそれぞれが自分の分身のように愛おしく、そして、人間も動物も同じ地球上に生まれたかけがえのない命であることを感じ、幸せな気分に浸ることができました。登場人物全員が主人公という物語の展開は、まさに児童文学の新境地。小学校中学年から大人まで楽しめるものがたりです。シナリオライターと漫画家という異色のコンビで取り組んだ、新しい児童書の世界で、あなたも、動物や人の気持ちを想像してみませんか?

動物園ものがたり Book 動物園ものがたり

著者:山田 由香
販売元:くもん出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

映画「借りぐらしのアリエッティ」、原作をお薦めします!

 メアリー・ノートンの『床下の小人たち』を原作とした映画「借りぐらしのアリエッティ」を観ました。(原作を再読して出かけました。)

 原作の舞台はイギリスですが、映画の舞台は日本。アリエッティは、魔女のキキや風の谷のナウシカに似た強気な女の子として登場していました。アリエッティのイメージは良かったです!・・・が、物語としては、原作の方が断然いいかな?

 『床下の小人たち』の登場人物は、父親のポッド、母親のホミリー、そして、一人娘のアリエッティ。三人家族の生活に必要なものは、すべて上の屋敷に住んでいる人間の世界から「借りて」います。思春期に近づいたアリエッティは、外の世界に強い憧れを抱いていました。そこへ、インドから病気療養のためにやってきた男の子と知り合いになってしまいます。

 小人たちには、人間から物を借りてもいいが、人間に「見られ」てはならないという鉄則がありました。そんな鉄則を破って、大胆に男の子と関わっていくアリエッティの向う見ずな行動が原因で、一家は、住み慣れた屋敷を離れることに・・・。そこから、小人たちの長い旅が始まるというのが原作の第一部です。 『野に出た小人たち』『川をくだる小人たち』『空をとぶ小人たち』『小人たちの新しい家』へと物語は続きます。(ここから先は、映画のネタばれが若干あります・・・)

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫) Book 床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

著者:メアリー ノートン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "映画「借りぐらしのアリエッティ」、原作をお薦めします!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

原爆を記憶にとどめるために 8月9日長崎原爆の日

 毎年、広島と長崎の原爆の日、終戦記念日には、黙祷を捧げています。そして、大江健三郎氏の選による原爆をテーマにした13編の作品集である『何とも知れない未来に』という文庫本を読みます。

Cimg2333  

 今年は、夫の仕事の関係で長崎市松山町の平和公園、そして、原爆落下中心地を訪れて、黙祷を捧げました。実際にその地を訪れ、二度と起きてはならない惨事として、心に刻みました。

 65年目の原爆の日、65年経た今も被爆者の方々、そして、家族を失った方々の悲しみは終わらない。 核兵器が廃絶しない限り、原民喜が『心願の国』の中で語った通り、「未来は滅亡か救済か、何とも知れない」のではないでしょうか。

 原爆を記憶にとどめ、平和への祈りを捧げ続けたいと思います。

・原爆を記憶にとどめるために  2009年8月6日 

・原爆を記憶にとどめるために 思い出の絵本No.10『八月がくるたびに』 2009年8月9日 

・思い出の絵本 No.11 『八月がくるたびに』  2009年9月19日 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

平和への祈りと明日への希望 ~「テレジンの小さな画家たち詩人たち」~@北九州

 去る8月3日、北九州市立戸畑生涯学習センター1階ギャラリーで開催中の「テレジンの小さな画家たち詩人たち」に立ち寄りました。
 
 主催は、さと子の日記広場の鍬塚さと子さん。
 北九州市立戸畑生涯学習センター1階ギャラリー
 2010年8月3日~8日まで開催


Cimg2358  第二次世界大戦中、ナチスドイツの支配下にああったチェコスロヴァキア(当時)のテレジン収容所には、15000人の子ども達も収容されていました。その子ども達のほとんどがアウシュヴィッツに送られ殺されました。生き残った子ども達は100人に満たないと言われています。
 戦争が終わりドイツ軍が去ったあと、収容されていた子どもたちが描いた4000枚の絵と数点の詩が残されていました。作家の野村路子さんは、「この絵を日本の子どもたちに見てもらいたい」と、プラハのユダヤ博物館に交渉し、1991年から日本の各地で展覧会を開きテレジンの子ども達のことを伝えています。

 実は、この展示会を観るのは、今回で2度目です。1998年東京の田無市(現・西東京市)で開催された「野村路子氏による講演会とテレジン収容所の子どもたちの絵画展」以来、12年ぶりにテレジンの子ども達の絵と詩に再会しました。

 12年前、障害を抱えた娘が思春期を迎え、いろいろな問題行動に母親として苦しんでいました。努力の及ばないことも多く、母親として行き詰っていた時、偶然通りかかった田無市民会館で、子ども達の絵に出会い、野村路子さんの講演を聴きました。

 強制収容所の中で、食事も満足に与えられず、1日中、重労働に駆り立てられていた幼い子ども達に、文学や演劇、美術や音楽の専門家たちが、歌を歌い、絵を描き、詩を作ることを教えたのだそうです。 絵を描き、詩を作るという行為が、収容所の環境の極限状態の中で、子ども達に明日への希望を与えたということを知らされました。

 ホロコーストの犠牲になった子どもたちが最期まで希望を失わずに生きたこと、それを支えたクリエイティブな大人たちがいたことを知り、私の心に光が射しました。

 どんな状況に置かれても明日への希望を失ってはならないと。

 その思いを託した短歌が、さと子さんとの不思議なご縁で会場に掲載されました。

Cimg2351

・野村路子語るテレジンの収容所一万五千人の幼らの無惨
・幼らの生死も労働に分かつなるテレジンはアウシュヴィッツへの門
・亡命を拒みてナチスに捕らわれしディッカー先生若き日バウハウスに学ぶ
・子とめぐるテレジン収容所の絵画展鎖のごとく重き心に
・子らの絵に書き添えらるる子らの名とアウシュヴィッツに送られし日と
・花の野に蝶高く飛ぶ絵の多し蝶は人より大きく描かれて
・団らんの絵の片隅に番号のつけられし収容所のベッドが並ぶ
・セーターをほどきし毛糸に描きたる赤き花ドイツ軍の書類の上に咲く

       「未来」1999年1月号 近藤芳美選 二十人集より

 
 詳細は、鍬塚さと子さんのブログ@もも日記をご覧ください。
 
・ダイアローグ http://momo.satokono.littlestar.jp/?eid=991116
・戸畑会場二日目 http://momo.satokono.littlestar.jp/?eid=991267
・戸畑会場三日目 http://momo.satokono.littlestar.jp/?eid=991371
・テレジン展は4日目
 http://momo.satokono.littlestar.jp/?eid=991487


・「テレジンの小さな画家たち詩人たち」
  http://momo.satokono.littlestar.jp/?cid=47070

 若い方からご高齢の方まで会を支えている方々の熱意と平和への祈りに満ちたすてきな会場でした。

テレジンの小さな画家たち―ナチスの収容所で子どもたちは4000枚の絵をのこした Book テレジンの小さな画家たち―ナチスの収容所で子どもたちは4000枚の絵をのこした

著者:野村 路子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »