« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

初書評をいただきました! 「どこまでも深い母の愛と苦しみ、そして喜び」 by miekoさん

先週、オンライン書店ビーケーワンの書評欄に拙著『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』(銀の鈴社)への初書評をいただきました。

 miekoさんよりいただいた書評「どこまでも深い母の愛と苦しみ、そして喜び」は、こちらです。

 先週のオンライン書店ビーケーワンの書評ポータルのジャンル別で、下記の通り、miekoさんの書評が高く評価されていました。書評をいただいたことも、大変うれしく、さらに、その書評が高く評価され、二重の喜びを感じています。

-----

“mieko”さんの書評をご紹介します

「障害を持つ子どもと生活する、生きていく、ということを、私は特別なことだと他人事ののように漠然と思っていた。しかしこの本を読みながら自分の子育てを振り返ると、その認識は誤りであったと気付かされた」。
体験と照らし合わせながらの真摯な考察に心打たれました。最後の一文にある「排除ではなく共に」、とても大切な言葉だと思います。

(オススメ:教育・福祉担当者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

今年もアンネのバラが咲きました!

 諸事情があり、自宅を離れていました。

 久しぶりに自宅に戻ると、ベランダに、今年もアンネのバラが咲いていました。

  アンネ・フランクの屋根裏部屋で日々を思います。そして、東北地方の被災地、また、原発で避難されている皆さんの避難所での生活を思います。少しでも早く、過ごしやすい住居が提供されますように、祈っています。

20111_5 20111_4 2011_4     

 

  蕾も花も、私にとっては宝石より美しく思えます。

 アンネのバラの過去日記は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

ほのぼの文庫

お月さん、とんでるね―点頭てんかんの娘と共に生きて (銀鈴叢書ライフデザイン・シリーズ) Book お月さん、とんでるね―点頭てんかんの娘と共に生きて (銀鈴叢書ライフデザイン・シリーズ)

著者:夏野 いづみ
販売元:銀の鈴社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 娘との25年間の日々を綴った手記『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』 を銀の鈴社より3月20日に刊行しました。

 
 各章冒頭に、自作の短歌を添えています。ご一読いただき、ご意見など賜れれば幸いに存じます。

 どうぞよろしくお願い致します。     夏野いづみ

追記1: ホームページを開設しました。
「夏泉湧語」(kasenyu-go) http://kasenyu-go.com です。

追記2:『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』が全国学校図書館協議会の選定図書に選定されました。(2012年8月)

追記3:拙著『お月さん、とんでるね』が音声図書として完成し、サピエ図書館https://www.sapie.or.jp/に登録されたとのお知らせをいただきました。

追記4:拙著『お月さん、とんでるね』がミニコミ誌「まいんず」(2013年8月27日号)で紹介されました。http://file.www5.hp-ez.com/mainzu/8_27_4_5.pdf

 

| | コメント (6)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »