« 今年もアンネのバラが咲きました! | トップページ | 宇梶静江 古布絵展 @小淵沢 フィリア美術館 »

2011年4月29日 (金)

初書評をいただきました! 「どこまでも深い母の愛と苦しみ、そして喜び」 by miekoさん

先週、オンライン書店ビーケーワンの書評欄に拙著『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』(銀の鈴社)への初書評をいただきました。

 miekoさんよりいただいた書評「どこまでも深い母の愛と苦しみ、そして喜び」は、こちらです。

 先週のオンライン書店ビーケーワンの書評ポータルのジャンル別で、下記の通り、miekoさんの書評が高く評価されていました。書評をいただいたことも、大変うれしく、さらに、その書評が高く評価され、二重の喜びを感じています。

-----

“mieko”さんの書評をご紹介します

「障害を持つ子どもと生活する、生きていく、ということを、私は特別なことだと他人事ののように漠然と思っていた。しかしこの本を読みながら自分の子育てを振り返ると、その認識は誤りであったと気付かされた」。
体験と照らし合わせながらの真摯な考察に心打たれました。最後の一文にある「排除ではなく共に」、とても大切な言葉だと思います。

(オススメ:教育・福祉担当者)

|

« 今年もアンネのバラが咲きました! | トップページ | 宇梶静江 古布絵展 @小淵沢 フィリア美術館 »

『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/39795066

この記事へのトラックバック一覧です: 初書評をいただきました! 「どこまでも深い母の愛と苦しみ、そして喜び」 by miekoさん:

« 今年もアンネのバラが咲きました! | トップページ | 宇梶静江 古布絵展 @小淵沢 フィリア美術館 »