« 手から手へ展 絵本作家から子どもたちへ 3・11後のメッセージ@福岡 | トップページ | 絵本・児童文学研究センター正会員月間レポート賞:2012年10月正会員ゼミ「アメリカ絵本の黄金期」Ⅱバージニア・リー・バートン 講師:工藤左千夫 »

2014年2月16日 (日)

手から手へ展 第一会場&大人の絵本を愉しむ会

 今日は初めて「大人の絵本を愉しむ会」に参加。場所は、けやき通りにあるレストラン「とねりこ」、絵本の世界にいるような、すてきな空間でした。 
 食事の合間に、7人で持ちよった絵本を読み合い、感動した本の話などを交わし合いました。厳選された食材で作られた食事も美味しくて、選ばれた絵本もすばらしく、感動と満腹感で満たされた半日でした。
 紹介された絵本は、
 谷川俊太郎「あさ」
      「いろいろいろんな日」
 酒井駒子「くまとやまねこ」
      「かわせみのマルタン」
 伊勢英子「ルリユールおじさん」
 小泉吉宏「戦争で死んだ兵士のこと」
 長田弘「森の絵本」(写真3番目)
 トミーデ・パオラ「巨人とおかみさん」
     「ぼうしとったら」
 
 私は柳田邦夫さんの新刊「生きる力、絵本の力」と新藤悦子作・こみねゆら絵の絵本「空とぶじゅうたん」を紹介しました。「空とぶじゅうたん」は1996年ヴォーグ社から出版された初版が絶版となっていたので、復刊ドットコムに復刊リクエストを出し、2006年に復刊されたすばらしく美しい(豪華な)絵本です。(ぜひ、皆さんもお読みください!)
 最後の絵本「ぼうしとったら」のあと、さとこさんの帽子から何とソテツの赤い実が出てきました。参加者へのかわいいプレゼント、さとこさんの粋な計らいを感じました。会を終えて、「手から手へ展」の第二会場となっている福岡市総合図書館に向かいました。
 来週もまた体力、気力勝負、新たな気持ちで仕事に迎えそうです。

|

« 手から手へ展 絵本作家から子どもたちへ 3・11後のメッセージ@福岡 | トップページ | 絵本・児童文学研究センター正会員月間レポート賞:2012年10月正会員ゼミ「アメリカ絵本の黄金期」Ⅱバージニア・リー・バートン 講師:工藤左千夫 »

<絵本>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1160312/55011197

この記事へのトラックバック一覧です: 手から手へ展 第一会場&大人の絵本を愉しむ会:

« 手から手へ展 絵本作家から子どもたちへ 3・11後のメッセージ@福岡 | トップページ | 絵本・児童文学研究センター正会員月間レポート賞:2012年10月正会員ゼミ「アメリカ絵本の黄金期」Ⅱバージニア・リー・バートン 講師:工藤左千夫 »