<お正月の絵本>

2010年12月30日 (木)

お正月の絵本 そして ウサギの絵本

 年末にお正月に関わる絵本を三冊(『お正月さん、ありがとう』『韓国のお正月』『もちもちおもち』)読みました。その中の『お正月さん、ありがとう』が、オンライン書店ビーケーワンの今週のオススメ書評に掲載されました。今年最後のうれしい出来事でした。

 同サイトの書評フェア 「ウサギのダンス」で、来年の干支にちなんでウサギの絵本が紹介されています。こちら!です。

 これまでに投稿した書評が掲載されていました。

  • しろいうさぎとくろいうさぎ 
  • 愛をみつけたうさぎ 
  • うさぎのマシュマロ 
  • 花のかみかざり 
  • うさぎのユック 

 どれもすてきな絵本です。『うさぎのユック』は、乳がんで亡くなられた元NHKアナウンサーで女優の絵門ゆうこさんの作品です。2005年12月末に聖路加病院の礼拝堂で開かれた朗読コンサートで、ご本人による朗読を聴いた日のことがなつかしく思い出されます。山中翔之郎さんのイラストもすてきです。『うさぎのマシュマロ』は劉優貴子さんの翻訳絵本、『愛をみつけたうさぎ』はケイト・ディカミロの物語、この機会に再読したい作品です。

うさぎのユック Book うさぎのユック

著者:絵門 ゆう子
販売元:金の星社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 十二支の絵本もいかがでしょうか? こちらです。

 今年もぼちぼちの更新でしたが、訪れていただいた皆様に感謝致します。ありがとうございました。

                                       いづみ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

声に出したくなる、楽しい、おいしいおもちの絵本

もちもちおもち (えほんのぼうけん24) Book もちもちおもち (えほんのぼうけん24)

著者:庄司 三智子
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 みんな だいすき
 もちもち おもち
 まるもち
 かくもち
 つきたてもち
 もちもちもちっと
 せいぞろい

 歯切れのいい文句ではじまるこの絵本、登場するのが全ておもち。
 
 さてさて
 おもちと
 いったなら・・・と軽快なリズムの語り口で続きます。

 あなたは、どんなおもちが好きですか? あずきの あんこさんから、あべかわ きなこさん、あさくさ のりじろうさん・・・とおもちが続々と登場します。日本が誇るおもち、実にたくさんのおもちがあるんです。私は、はたけ まめのしんさんのずんだもちが好きです。おもちのおうさままで登場しますよ。さて、おもちのおうさまは・・・?

 ずんだ なんだ まめだ なんだ つぶした えだまめだ・・・と言った具合に、絵本の中で、コミカルに描かれたひとつひとつのおもちを見ながら、ことばあそびを楽しむことができます。声に出したくなる、そして、何度も読みたくなる、楽しい、おいしいおもちの絵本です。お正月にぴったりの絵本!
 この絵本の作者は、イラストレーター・絵本作家の庄司三智子さん。『おみせでみつけた』(岩崎書店)『りんごごーごー』(ひさかたチャイルド)『どんどんとんとんチャチャチャ』(ひさかたチャイルド)も楽しい絵本です。

(以上、ほのぼの文庫管理人いづみ(書評者名まざあぐうす)がオンライン書店ビーケーワンに投稿した書評です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本のお正月の原風景~お正月を迎える家族の喜びに満ちた絵本

お正月さんありがとう (えほんのぼうけん23) Book お正月さんありがとう (えほんのぼうけん23)

著者:内田 麟太郎
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 雪をかぶった山が見える里で、あやちゃんは家族とお正月を迎えようとしています。あやちゃんが大好きなおじいちゃんは、夏から病気でずっと寝ています。そのおじいちゃんが、あやちゃんに、
「らいねんも レンゲばたけに いこうな」と言いました。すると、どこからかくすくす笑う声が聞こえてきました。さて、笑ったのは誰でしょう?

 あやちゃんが、おじいちゃんの部屋の窓をあけて、おじいちゃんと二人でお正月さんを呼びます。そして、
 「ことしも おじいちゃんと レンゲばたけに いくんだもーん」と叫びました。今度は、誰も笑いません。お正月さんが来てくれたからです。すると、おじいちゃんが、あやちゃんの肩によりそって・・・。

 もちつき、としがみさま、お年玉、おせち料理、福笑い・・・。絵本を開くと、お正月を迎える家族の様子がほほえましく描かれています。まるで、日本のお正月の原風景。一冊の絵本が、お正月を迎える家族の喜びに満ちています。

 また、この絵本では、核家族化した日本に欠けているおじいちゃんと孫の心の交流が、お正月という行事の中で、あたたかく描かれています。おじいちゃんと孫の関わりが巧みに描かれた絵本として、サリー・ウィットマンの『とっときのとっかえっこ』野村たかあきの『おじいちゃんのまち』が思い出されますが、それらに続く、心あたたまる絵本として心に刻みました。

 お正月よりもクリスマスの方がにぎやかな最近の日本で、お正月の意義を問い直してみませんか? 今年も1年がんばろうという気持ちにさせてくれるお正月さんに、あなたも会えるかもしれませんよ。

(以上、ほのぼの文庫の管理人いづみ(書評者名まざあぐうす)がオンライン書店ビーケーワンに投稿した書評です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001 アンデルセン | 002 宮澤賢治 | 003 ターシャ・テューダー | 004 新藤悦子 | 005 梨木香歩 | 006 ジミー・リャオ | 007 赤羽末吉 | 009 エム・ナマエ | 010 江國香織 | 011 中脇初枝 | 013 いもとようこ | 014 こみねゆら | 015 荒井良二 | 016 ケイト・ディカミロ | 017 三田誠広 | 018 モンゴメリ | 019 はせみつこ | 020 アンネ・フランク | 021 アン・グットマン&ゲオルグ・ハレンスレーベン | 022 日野多香子先生 | 111 ほのぼの日記(読書日記) | <お正月の絵本> | <クリスマスの絵本・童話> | <グリム童話> | <ファンタジー> | <一般書> | <児童文学作品> | <十二支の絵本> | <大人の絵本> | <思い出の絵本> | <昔話、民話> | <絵本> | <障害をテーマとした児童文学作品> | <韓国の絵本・童話> | [命、死、魂] | [宗教] | [性、愛] | [戦争と平和] | [歴史] | [老い] | [言葉 コミュニケーション] | ■bk1今週のオススメ書評採用 | 『お月さん、とんでるね 点頭てんかんの娘と共に生きて』 | おすすめサイト | お菓子 | はじめに | アンネのバラ | シリーズ ほるぷクラシック絵本 | シリーズ 源平絵巻物語 | マザーグース | ユング心理学 | 事典、辞典 | 児童図書相談士 | 児童文学創作入門講座 | 地球交響曲 | 展示会情報 | 復刊ドットコム | 映画・テレビ | 演劇公演 | 目黒川の桜 | 絵本論、ガイドブック | 読み聞かせ | 講演会