故高堂が、春一番に佐保姫が立ち寄るのが鈴鹿の山の一面のセツブンソウだと言う。高堂が去ると床の間に見慣れる純白の繊細な造りの花が落ちていた。

 写真はセツブンソウの花のアップ。

学名:Shibateranthis pinnatifida
花期:春

 花びらのように見えるのは萼です。花は退化して蜜腺になってしまっていて目立ちません。
 普通は白いのですが,黄色い花の咲くものはキバナセツブンソウ(黄花節分草)と呼ばれます。春に芽を出し,節分の頃に咲くからこの名前になりました。(Botanical Gardenより)