故高堂家の庭の土耳古の丘と名づけている場所の一番高いところにすうっと茎を伸ばし、薄青の釣鐘型の花を6つつけていた。綿貫は、ああ、あの鈴の音はここに凝ったのだと得心したのだった。

学名:Adenophora triphylla var. japonica
別名:ツリガネソウ(釣り鐘草)
花期:秋

 紫の小さなベル形の花をつけます。秋の風に揺れていると,かすかな鈴の音が聞こえそうです。(Botanical Gardenより)